投資は危険で貯金は安全というのは勘違い!真のリスクとは?

金持ち思考

「投資なんて危ないんじゃないの?」と家族や友達から言われた事ありませんか?

その通りなんです。無知で投資するのは危ないんです。

なぜならば投資対象となる資産には、価値が大きく変動する「リスク」があるからです。価値が増える事もあれば、減る事もあります。しかし、貯金しておくのは絶対に安全なのでしょうか?

貯金は本当に減ることはないのでしょうか?

実は「貯金」は必ず安全だとは言えません。むしろ、「投資」しない事が人生で最大の「リスク」と言えます!(でも投資は自己責任でお願いしま~す!)

★この記事でわかる事
☑貯金が絶対安全ではない事
☑投資が必ず危険でない事
☑リスクプレミアムとは
☑投資しない事が最大のリスク
スポンサーリンク

貯金は絶対安全という勘違い

貯金は安全と思ってますよね?銀行が破綻する可能性はとても低いですし、もしも潰れたとしても1,000万円以下の残高は保証されます。銀行に預けている口座の残高が勝手に減っていく事もないので、貯金はとても安全と思いますよね。

それ、本当に減っていませんか?

貯金はインフレで目減りする

実は、現在の「1万円」の価値がずっと「1万円」であるかどうかは誰も保証してないのです!

通貨というのは、価値を計るモノサシですが、実はこのモノサシ、伸びたり縮んだりすんです

どういう事かというと、「1万円」の額面はずっと「1万円」ですが、物価が上昇すれば「1万円」価値は相対的に低くなっていきます。

例えば、現在1万円で買える服が、将来の物価の上昇によって2万円になったとしましょう。この服を買おうとすると、今までは1万円札が1枚でよかったのに、将来では2枚必要になります。
これは「1万円」の価値が半分になったと言えます。

あくまでも通貨の価値というのは相対的なものです。

絶対に「貯金」が安全という事はなく、「価値」の尺度を基準に考えると「貯金」も増減するという事ですね!

ちなみに日本ではバブル崩壊以降、30年近く消費者物価指数はあまり変わっていません。

日本の消費者物価指数

日本に住んでいると体感する事は少ないと思いますが、アメリカでは実際に毎年2%前後インフレしています。

アメリカの消費者物価指数

アメリカすげぇ!

毎年2%インフレすると、10年後には単利で考えても、ざっくり20%物価が上昇します。

今100万円で買えるものが10年に120万円になるという事です。言い換えると今の120万円の貯金の価値は10年後には100万円くらいの価値しかなくなるという事です。

日本に住んでいても海外から輸入される物はインフレで高くなっていくので、実際の生活に影響してきます。

インフレの仕組みについては、以下の記事で詳しく解説してます

ジンバブエのハイパーインフレ

最近では2008年にジンバブエでハイパーインフレが起きています。

インフレ率は驚愕の年率231,000,000%

もう意味がわかりません。こうなると現金は紙屑になります。

おしりを拭くのに、トイレットペーパーを使うよりも紙幣を使った方が安く済みます。

他にもアルゼンチンやドイツ、ハンガリーなど世界の歴史を見ると、このようなハイパーインフレはたくさんありますよ!

日本円は比較的安全な通貨ですが、10年後、20年後、30年後はどうなっているかなんて誰もわかりません!しっかり勉強して適切な形態の資産で保有するしか自分の資産を守る方法はなさそうです。

スポンサーリンク

投資が絶対危険という勘違い

投資が必ず危険というのも間違いです。

株式や不動産の場合は、株価の下落や不動産価値の目減りなどで損する事もありますが、これは円という通貨に比べて相対的に価値が下がったという事です。

逆にいうと、株価や不動産の価値が上昇している局面では、円の価値は相対的に下がっているのです。「株式や不動産の価値が上がると確信し、実際上がったのに、円のまま保有していたので損したよ!」という事になります。

物の価値とは全て相対的にしか認識できません!

さらに、株式や不動産へ投資すると、株式では配当、不動産では家賃収入が得られます。 資産があなたの代わりにせっせと働いて、寝ているあいだに収益をもたらしてくれます。いっぽう円はほとんど何も稼いでくれません。

リスクの正しい理解

株や不動産は通貨に比べて価値の変動が大きいので、リスク資産と言います。リスクと言うと、値下がりして損する可能性の事だけを指していると思われてませんか?

実は値上がりする事も含めてリスクと言います。

そして、リスクを取ったものにはリスクプレミアムが与えられます。

リスクプレミアムとは

誰しも資産は安全に保有したいと思います。なので、変動幅の大きいリスク資産をわざわざ誰も持ちたがりませんよね?ではなぜ、株や債権、不動産などのリスク資産を所有する人がいるのでしょうか?

それは、リスクプレミアムという報酬が加算されるからです。

リスクにはをとったものには「報酬=期待リターン」があるという事です。

例えば株式の期待リターンは4~5%と言われています。

世の中の企業がせっせと働いて稼いだ利益は株価の上昇や配当という形で株主に還元されます。

投資信託などで全世界の株式へ分散投資すると平均して年間4~5%くらい増える事が期待できます。また、別の言い方をすると、世界中の全投資家が株式取引で勝った金額と負けた金額を通算したとします。そして平均すると全体では年間4~5%勝っているという結果になります。

1800年に1ドル投資していたら200年後には?

つまり株式投資でリスクを取った者には、平均して年間4~5%のリスクプレミアムが与えられます!

スポンサーリンク

まとめ

投資しないという事は、円しか保有しない事です。相対的な価値の変動を考慮すると、絶対に投資しないという考え方には大きなリスクがあると言えます。

円でもドルでも株式でも不動産でも金でも、どこに資産を置いておくのが最適かという事を常に考えなければなりません。しっかり勉強して自分が何をやっているのか理解していれば、投資は危なくありません。

無知こそが最大のリスクとなります。

「リスクとは、 自分が何をやっているかよくわからないときに起こるものです。」

ウォーレン・バフェットの名言より
金持ち思考
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ