株式投資の始め方!初心者オススメの書籍5選!

株式投資

こんにちは。金持田マネ夫です。

株式投資やってみたいという願望が芽生えたあなた。今日からあなたも投資家です!

という事で、まずは何からどうすれば良いの?って疑問をさっくり解決していきましょう。

最初は右も左もわかりませんが、始めるにあたって難しい事はさほどありませんので。これから株式投資デビューする方に向けて、実践手順を解説していきます。

■この記事で解決できる疑問
 ☑株式投資の概要
 ☑どれくらいの資金があったら良いの?
 ☑株式投資を始める為の口座って必要?
 ☑株式投資の基本の学習方法
 ☑初心者にオススメの書籍 
 ☑サラリーマンでも大丈夫か?
スポンサーリンク

株式投資の概要

会社にとって株式とは、事業を拡大する為に必要なお金を集める手段の一つです。出資する側から見ると、株を買うということは会社のオーナーになるという事です。普通の方は「会社のオーナーになるなんて自分には無関係」と思っているのではないでしょうか。

しかし、株は少額でも出資すれば、会社の共同オーナーになれる仕組みなんです。そうすると会社が稼いだ利益はオーナーの元にヒラヒラと舞い込んできます。

つまり、誰でも有名企業のオーナーにいきなりなれる!という事です。

そして、利益が出ている会社の株価は以下のようなサイクルで上昇していきます。

  • 投資家は企業が上げた利益を受け取れる
  • 利益を出し続けている会社の株は投資したい人が増えていく
  • 株を買いたい人が増えると株の値段が上がる

株価が上がったところで売れば、買った値段との差額が儲けになるという事です。

日本の証券取引所は9時~15時の時間帯に取引が行われます。基本的にはこの時間帯に取引注文を行う事になります。

サラリーマンの方など日中お勤めの場合は、この時間帯に注文する事が難しいですね。。。

しかし、あらかじめ前日から予約注文できますので、数日単位の期間で相場をみて取引を行えばサラリーマンの方でも十分株式投資に参加できるでしょう。

実際、オンライン取引の登場で サラリーマン株式投資家の数自体が増えていますし、それなりに沢山稼いでいる方もまぁまぁいてますよ。

急な暴落が心配な場合は、「株価がいくら以下になったら自動的に売ってしまう」という注文をあらかじめ設定できるので、チャートをずっと見れなくても心配いりません。

スポンサーリンク

資金はどれくらい必要か

株式投資を始めるのに必要な資金ですが、結論から言うと

あればあるだけ良いです!

最低でも50万~100万円くらいは欲しいです。

証券取引所で取引できる上場企業の株式銘柄は、企業毎に1単元=○○〇株と取引できる最低の株数が設定されています。

1単元=1株であれば1株単位で取引できますが、100株単位で設定している企業が多いですね~。

中には1000株で設定しているところもちらほら。現在の株価が1000円で、1単元=100株なら10万円単位で取引ができると言う事です。

例えば日本を代表する企業、トヨタ自動車の本日の株価は6,817円です(2019/01/21終値)。

1単元は100株なので、最低でも681,700円は用意しないと、トヨタ自動車の株は買えないという事になりますね!

ミニ株といって1単元の1/10で買える銘柄もありますが、銘柄の選択肢も絞られてしぼられてしまいます。たまたま買いたい銘柄があれば良いですが、ミニ株だからという理由で買うのは最悪ですね。

また、1つの企業の株に全力投球すると、その銘柄が暴落や倒産してしまった時に一気に資金を失ってしまう事になります。1銘柄集中投資で倒産すると一発退場です。

こうしたリスクを回避する為にも、数銘柄~数十銘柄の複数に分散すると良いのですが資金が少ないと、そもそも複数の銘柄を買えないので不利になってしまいます。

こういう理由で資金は多ければ多いほど良いのです。

とはいっても、そんな事いっていたら始められませんよね!

例えば本日の楽天の株価は843円です(2019/01/21終値) 。

84,300円から投資できるので、このあたりの価格帯の銘柄であれば 50万円の資金でも5銘柄くらいに分散できます。

まずは、5銘柄以上に分散する事を心がけてください。

多ければ多いほど良いものでもありませんが、5~10銘柄を目安に分散できれば良いでしょう。5つの銘柄を買えば、1つ2つハズレを引いても他の銘柄で挽回すればよいのです。

スポンサーリンク

口座開設手続きについて

株の取引する為には、証券会社に専用の口座を開設する必要があります。
現在ではオンライン取引が当たり前です。ネットで申し込みすれば1週間程度で口座開設でき、取引開始することができます。

ちなみに、特にこだわりがなければ楽天証券がオススメです。

スマホアプリも提供されているので、パソコンがなくても不自由ありませんよ。

口座開設についてはこちらの記事もどうぞ
》特定口座と一般口座どちらが良いの?メリットデメリットとその理由!

スポンサーリンク

オススメ書籍5選

ここまでくれば、あとは基礎的な知識をつけて取引を始めるだけです。

学習の方法も様々ありますが、まずは書籍で学習されるのがオススメです。

お金に余裕がある方は有料のセミナーに参加してもよいですが、それはそれで時間もかかりますし、初心者向けのセミナーにお金を使う価値はあまりないと思います。

書籍で基本を学習し、気になった点はネットで詳しく調べてみる!

YouTube等でも詳しく丁寧に解説された動画がアップされてたりするので、このあたりも活用すれば、まずは独学で十分です。

オススメの書籍を紹介していきます。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAIが作った「株」入門

株式取引のルールから専門用語の解説、注文方法、銘柄選びのポイント、チャートの見方など、初心者に必要な知識を体系的かつ、わかりやすく解説されています。

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門改訂第2版 …だけど本格派 [ Diamond ZAi編集部 ]

 

一番うれてる株の雑誌ZAIが作った「株」入門 上級編

上記の上級編です。財務諸表や景気サイクル、高度なチャートの読みかたなど少し踏み込んだ内容になっています。しかし、イラストなどをうまく使って、どれもわかりやすく説明されています。

一番売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門(上級編) …だけど本格派 [ Diamond ZAi編集部 ]

 

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

会計や簿記の知識が入ってくるので、少し難しくなるかもしれませんが、中長期投資をするには必須の知識です。

企業の本質的な価値(ファンダメンタル)を読むための具体的な手法について解説されています。四季報を活用した実践的な見かたなどが、具体的に説明されています。

これを読んでおけば大損することは避けられるかもしれません。

株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書 [ 足立武志 ]

 

株で富を築くバフェットの法則[最新版]—不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

投資の神様と呼ばれている世界最強の投資家、ウォーレンバフェットの投資に対する思考方や手法が学べます。

市場の価格や経済動向に惑わされることなく、企業の本質的な価値をみる中長期投資に対する考え方が中心です。

すべての投資家必読です。

株で富を築くバフェットの法則最新版 不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法 [ ロバート・G.ハグストローム ]

 

インデックス投資は勝者のゲーム─株式市場から確実な利益を得る常識的方法

個別銘柄の投資に関する書籍ではないですが、株式市場を理解する為に一読しておくと良いです。

株取引の書籍ではあまり解説されない、株式市場全体のルールがわかります。

これを理解しておけば個別銘柄の取引にも必ず役に立ちます。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで理解できれば、株式投資はすぐに始める事ができます。誰にでも公平に投資の機会が与えられているとは。。。

なんて素晴らしい!

まずは少額でも問題ないので、できるだけ早く始めて学習していく事が重要ですよ。

始めるのがもう10年早かったら。。。。と私は後悔しまくってます。

最初は大きく勝てなくても良いのでリスク管理をしっかりして、続けれる事を目標にしても良いでしょう。

ジョージ・ソロス(George Soros)という著名な投資家の有名な名言があります。

「生き残れ。儲けるのはそれからだ」

投資を始めて勉強を続けると、世の中の見え方が確実に変わります!投資しない事は人生最大の機会損失と言ってもいいでしょう。今すぐ実行!

こちらの記事もどうぞ。》長期投資のメリットは?実は上がり続ける株式の価値

株式投資
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ