売上債権回転期間とは?計算式や見方を徹底解説!

ファンダメンタル分析講座

売上債権回転期間とは、商品を販売してから代金を回収するまでに掛かる期間の事です。

即座に現金決済する店舗販売などを除くと、通常の企業間取引は「掛け取引」が主流です。

掛け取引では、月末などに1か月間の販売をとりまとめて請求書を発行し、所定の期日までに代金を入金してもらう方法で決済をおこないます。受取手形で決済する場合もありますね。

その為、企業は売上代金を現金として手に入れるまでに一定の期間を要する事になります。

現金を手に入れるまでは、仕入れ代金の支払いや人件費・経費の支払い、借入金の返済などができないので、なるべく早く代金回収できる事が望ましいです。

計算式は、「売上債権回転期間(日)=(売掛金+受取手形)/売上高÷365日」です。
マネ夫
マネ夫

この記事では、売上債権回転期間の見方や、投資判断のポイントについて解説するよ!

スポンサーリンク

売上債権回転期間で何がわかるの?

できるだけ売上債権回転期間は短い方が有利です。

例えば売上が365億円の企業で売掛金+受取手形の合計が20億円の場合、売上債権回転期間(日)は20日となります。

次に売上が同じ365億円の企業でも、売掛金+受取手形の合計が40億円ある場合の売上債権回転期間(日)は40日となります。

売掛金や受取手形が売上に対してできるだけ少ない方が売上債権回転期間は短くなり、資金効率が良い企業と判断する事ができます。

さらに、わかる事はそれだけではないんですね。

例えば、

  • 販売したものの、客先の問題で代金回収が滞っていないか
  • 回収条件が悪くなっていないか
  • 売上をよく見せる為、返品覚悟で商品を得意先へ押し込んでいないか
  • 粉飾決算の可能性はないか

といった事を予想する事ができます。

販売したものの得意先の問題で代金回収が難しくなっている場合、売上債権回転期間の日数が長くなるケースがあります。

また、取引先との契約上で回収条件が悪化した場合も同じです。

決算書を良く見せる目的で、在庫を得意先へ押し込み販売する場合も、回収期間を延ばしてまで無理やり納品するケースもあります。

スポンサーリンク

売上債権回転期間の見方

売上債権回転期間には、業界によって相場があります。

例えば、小売業などは短めですが、建築業界などは比較的長めになります。

同業間で比較した時に、特別長く、なっていなければ大きな問題ではありません。

以下、業種別の売上債権回転日数の平均です。

順位業界売上債権回転期間(日)
1銀行,信託業331.90日
2一般機械器具製造業109.93日
3建設業107.88日
4金属製品製造業103.36日
5化学工業98.27日
6窯業,土石製品製造業97.90日
7精密機械器具製造業97.80日
8電気機械器具製造業96.46日
9ゴム製品製造業92.09日
10その他サービス業89.74日
11パルプ,紙,紙加工品製造業85.73日
12非鉄金属製造業85.13日
13その他の製造業83.87日
14鉄鋼業81.30日
15木材,木製品製造業75.70日
16通信業74.19日
17卸売業73.78日
18輸送用機械器具製造業70.65日
19繊維工業69.34日
20皮革,同製品製造業69.23日
21航空運輸業68.22日
22出版,印刷,同関連産業67.31日
23農業61.59日
24原油,天然ガス鉱業60.29日
25運輸に付帯するサービス業58.85日
26保険業56.89日
27食料品製造業55.44日
28石油製品,石炭製品製造業54.99日
29林業54.38日
30石炭鉱業48.24日
31漁業42.81日
32金属鉱業41.66日
33ガス業36.26日
34映画業33.49日
35道路運送業32.41日
36小売業28.23日
37旅館業27.47日
38電気業27.28日
39民営鉄道業24.68日
40倉庫業23.81日
41水運業23.72日
42娯楽業18.78日
43不動産業10.64日
44証券業6.86日

同業間の企業で売上債権回転期間を比較するのも有用ですが、時系列での変化にも注目してください。

過去数年間の売上債権回転期間が大きく変化している場合は、何らかの理由があるので要注意です。

単に新規事業などでビジネスモデルが変化しているだけの場合もありますが、前述の不良債権の抱え込みや回収条件の悪化、押し込み販売や粉飾決算の疑いが考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

売上債券回転期間はファンダメンタル分析を行う上で、それほど重要な指標ではないかもしれません。

しかし、時系列での変化を見る事で、企業の変化を察知する事ができます。

極端に長くなったり短くなったりしている場合は、問題が発生している場合があるので念のためにチェックしておきましょう。

ファンダメンタル分析講座
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ