NISAと積立NISAはどっちが良い?選び方のポイントを解説

NISAと積立NISAはどっちが良い?選び方のポイントを解説投資

投資するなら利用しない手はないNISA。

株や投資信託での儲けに対しては、通常20.315%課税されますが、NISAなら非課税となるのは、もうご存知ですよね。

そこで、一番迷ってしまうポイントは「NISA」と「積立NISA」のどちらにしようか?ということではないでしょうか。

いち個人の名義で、両方を併用する事はできませんから、どちらかを選択する必要があります。

しかし、非常に悩ましいところですよね。

マネ夫
マネ夫

今日は、「NISA」と「積立NISA」のどちらかを選択すれば良いか?と迷った時の判断基準を整理してみましたので、参考にしてみてください!

☑NISAと積立NISAの制度
☑それぞれのメリット・デメリット
☑NISAと積立NISAの賢い判断基準

NISAと積立NISAの要件をおさらい

NISAと積立NISAでは、投資できる上限額や非課税期間、投資できる対象が異なります。

サクッとおさらいです。

投資できる上限額が異なる

NISAと積立NISAは、年間で投資できる元本に上限額が定められています。

通常のNISAは年間120万円までの投資が可能です。

いっぽう、積立NISAの場合は年間40万円まで。

どちらも、一度投資してしまうと売却したとしても投資可能額が元に戻る事はありません。

利益確定や損切りしてしまうと、非課税もそこまでなので、注意しましょう。

●投資できる上限額
☑NISA:120万円/年まで
☑積立NISA:40万円/年まで

非課税期間が異なる

NISAと積立NISAでは、非課税期間も異なります。

NISAの場合は、投資できる締切が2023年末で、投資した年度から最大5年間まで非課税です。

積立NISAの場合は、2037年末が締切で、そこから最大20年間までが非課税になります。

締め切りにさえ間に合えば、それぞれの期限までは非課税のまま運用することができます。

ちなみに、非課税期間終了後に、次の新規のNISA枠へ、非課税のまま資金を引き継ぎできる「ロールオーバー」という制度もあります。

しかし、2019年以降にNISAを始める人は、非課税期間の終了が2023年を超えてしまうので、ロールオーバーは使えません。

●非課税となる期間
☑NISA:投資した年度から最大5年間(締切りは2023年末予定)
☑積立NISA:投資した年度から最大20年間(締切りは2037年末予定)

投資対象の選択肢が異なる

NISAと積立NISAでは投資対象の選択肢にも違いがあります。

NISAの場合は投資信託・ETF・REIT・上場している個別株式などへの投資が可能です。

しかし、積立NISAの場合は、金融庁が指定する限られた投資信託とETFのみが対象になります。

積立NISAは長期の資産形成を応援する制度です。

その為、商品の選択肢も、長期的に増えていく事が期待できる164本の投資信託とETFに厳選されています。

NISAと積立NISAの要件まとめ

要件の違いについて、まとめです。

NISA積立NISA
投資上限額120万円/年40万円/年
非課税期間5年20年
新規投資の〆切2023年末2037年末
投資対象投資信託、ETF、REIT、個別株金融庁指定の投資信託、ETF

NISAと積立NISAの賢い選び方

NISAと積立NISAの要件はそれぞれ違います。

それで、結局どちらが得なのでしょうか?

マネ夫
マネ夫

どちらが得かは、個人の資産状況や投資計画によって変わるので、一概にどちらとは言えないよ!

判断のポイントを整理したので、参考にしてください!

●NISAか積立NISAを選ぶ時の判断基準ポイント
☑投資できる資金量は?
☑個別株に投資するのか?
☑投資したお金を使う時期は?
☑特定口座と併用するか?

投資できる資金はどのくらい?

やはり一番重要な判断のポイントは投資できるお金がどれくらいあるかという事です。

NISAを選択しても、年間120万円の投資資金追加ができなければ、非課税枠を使いきれずに余らしてしまいます。

せっかくの非課税枠を有効活用できないなんて、もったいないですよね?

積立NISAであれば年間40万円までですが、20年間も非課税期間がつづくので、コツコツ投資額を増やしていくなら積立NISAがおすすめです。

毎年40万円×20年で800万円投資できますね。

2023年までの時間軸で、毎年120万円×5年=600万円くらい余裕で追加投資できる方はNISAがおすすめです。

投資対象は個別株?

投資信託へ投資したいのか、それとも個別株に投資したいのかでNISAにするか、積立NISAにするかの選び方も変わってきます。

投資信託であれば投資対象が十分に分散されているので、リスクが低い分、リターンも低めになります。

長期で平均すると年間5%程度の増加しか期待できません。

投資信託で資産を増やすのには時間がかかるので、非課税期間が20年と長い、積立NISAを選択しましょう。

しかし、積立NISAの場合は個別の株式銘柄へは投資できません。

個別の株式銘柄へ投資して、短期的に利益を狙いたい場合は、必然的にNISAを選択する事になります。

優良企業を見つけて、スイングトレードや短期相場の値上がりで儲けたい人はNISAを選択しましょう。

但し非課税期間は5年間なので、その時間軸で利益を出さなければいけません。

何年後に解約が必要?

投資した資金もいつかは現金化して使う時がきます。

なので、投資したお金が、日常生活でいつ必要になるのかによっても、NISAか積立NISAのどちらが良いかは異なります。

ライフイベントは人それぞれ異なるので、ここは個人で計画を立てて最適な時間軸で投資できるほうを選んでください。

投資資金は別にして、手元に十分な資金が確保できる場合は積立NISAをオススメします。

特定口座と併用している場合、含み損や前年からの繰越損失がある?

特定口座で繰越損失や含み損を抱えている場合は、NISA以前に特定口座での投資をオススメします。

1年間のトータル利益がプラスに転じるまでは、税金を取られる事はないので、まずは特定口座での損失を取り戻すのが先です。

さらに特定口座で損失が増えたとしても、次の取引で利益が出た時には、課税されない利幅も増えます。

しかし、NISAで損失を出しても元々非課税なので増えません。

また、特定口座で当年度に利益・含み益があれば、NISAも要注意です。

特定口座とNISA・積立NISAの口座では損益通算できないので、損しても税金分が返還されません。

そんな時は、非課税で投資できる時間軸が長い、積立NISAをオススメします。

NISAの落とし穴は以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

NISAと積立NISAは、どちらを選ぶか悩みどころですよね。

それぞれ個人の資産状況や投資計画、市場の状況などによって、どちらが得になるのかはわかりません。

判断するポイントを良く確認して、どちらが自分にあっているか検討してください!

非課税の恩恵をフル活用しましょう。

NISA、積立NISAを活用して投資を始めるなら、楽天証券かGMOクリック証券がおすすめです。

手数料は楽天証券が最安。

GMOはチャート分析、企業分析のツールや、投資情報の提供も充実してます。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座!

GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

投資
LINEスマート投資
ワンコイン投資

500円から積立するだけ。資産は、全自動でしっかりバランス投資。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座!

金持田マネ夫ブログ