まだ日経新聞買ってるの?楽天証券で全記事タダ読みする方法!

まだ日経新聞買ってるの?楽天証券で全記事タダ読みする方法! 節約・保険・税金

ビジネスマンなら、日経新聞を読んでる方も多いですよね。

なんと、購読者数は300万人もいるそうです。

投資する方だけでなく、ビジネスにおいても、経済に関する情報収集は重要ですからね。

電車に乗ると、日経新聞を広げるサラリーマンなんてよく見かける光景ですよね。

私も会社へ入社した頃は、「日経新聞くらい読め!」なんて 上司からよく言われてましたね。

しかし、新聞代もバカになりません!

朝刊と夕刊のセットで購読する場合は毎月4,900円の出費。電子版も加えると毎月5,900円。

10年間購読を続けると、なんと70万8,000円です。

少しでも節約して資産運用に回したいのが本音ですが。。。

ここで朗報です!

実は日経新聞ってスマホやPCで無料で読めちゃうんですよ。

マネ夫
マネ夫

今日は日経新聞をタダで読む方法を紹介するよ!

☑日経新聞をタダで読む方法
☑日経テレコンとは
☑楽天証券で口座開設すれば日経新聞はタダ
☑日経新聞の読み方

日経新聞をタダで読む方法

結論から言いますと、楽天証券で口座開設をすれば、日経新聞の全ての記事がスマホやPCで読めてしまいます。

知らない人にとっては「今まで日経新聞を買っていたのはなんだったのか?」と思いますよね。

日本経済新聞社が提供するサービスに「日経テレコン」という記事データの検索サービスがあります。

楽天証券の口座を持っていれば、日経テレコン(楽天証券版)が無料で使えるので、日経新聞だけでなく、以下の記事が全てタダで読めます。

★日経テレコン(楽天証券版)で提供されるサービス
☑日本経済新聞(朝刊・夕刊)(3日分)
☑日経産業新聞(3日分)
☑日経MJ(3日分)
☑過去1年分の新聞記事検索
☑日経速報ニュースの閲覧

楽天証券の口座開設は無料ですから、これを利用しない理由はありません。

手数料は一切かからないので、サクッと口座開設して、タダで読みましょう。

 》楽天証券 公式ホームページはこちら

楽天証券

ちなみに、日経テレコンとは?

日経テレコンとは、日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービスです。

1984年より日本経済新聞社がサービス開始しており、現在は国内外の約1万1千社、約50万人のビジネスパーソンが利用しています。

過去30年分の新聞・雑誌記事を中心に、国内外の企業データベース、人物プロフィールなど、幅広いビジネス情報がデータベース化されており、検索する事ができます。

企業の戦略立案、業界分析、M&A、競合比較、リスク管理、海外進出などを検討する際に欠かせない情報収集ツールとなっています。

日経テレコン - 新聞・雑誌記事のビジネスデータベース
日経テレコンはビジネスに必要な情報を網羅した新聞・雑誌記事のデータベースサービスです。記事・企業・人事・海外情報といったコンテンツや検索・通知機能、活用シーン等も詳しくご紹介します。資料請求やご利用申し込みもこちら。

楽天証券の口座開設と日経新聞の読み方

楽天証券で口座開設して、日経新聞はタダで読んでしまいましょう。

まずは楽天証券の公式HPで口座開設の申し込みをします。

 》楽天証券 公式ホームページはこちら

口座開設が完了すれば、スマホかタブレットへ楽天証券のアプリ「iSPEED」をインストールして、以下の手順で日経新聞が読めます。

まずは、右下のメニューを押すと以下の画面が表示されるので、「日経テレコン」をクリックします。

次に「同意する」をクリック。

そして、右上にあるメニューマークを押します。

「きょうの新聞」という項目があるので、これをクリックします。

新聞の選択が出てくるので、好きな新聞を選択してください。

すると、記事の見出し一覧が出てくるので、読みたい記事をクリックしてください。

選んだ見出しごとに、記事を読む事ができます。

新聞と同じレイアウトで読みたい場合は、少し面倒ですがPDF形式で表示して読むこともできます。

字が小さくて拡大しないと読みにくいですが、写真などもこんな感じで表示されます。

わざわざ日経新聞にお金を出す必要もなさそうですね。

楽天証券の口座開設後、スマホやタブレット用のアプリ「iSPEED」をインストールすれば、日経新聞を完全無料で読むことができます。

また、PCで読む場合は「マーケットスピード」というアプリをインストールしてください。

どちらのソフトも無料でダウンロードできます。

楽天証券

まとめ

楽天証券の口座を持っておけば、日経新聞にわざわざお金を使う必要もありません。

今までお金が掛かるので購読を躊躇していた方も、スマホやタブレットで気になる記事をサクッとチェックしておきましょう。

邪魔な新聞紙を持ち歩く必要もありません。

節約できた毎月5,900円は、口座開設した楽天証券でそのまま積立投資するのも良いですね。

積立NISAやiDeCoなどの税制優遇制度を活用して、投資信託などへ積立て投資ましょう。

仮に月5,900円を積立しながら、年利5%の複利で運用した場合、10年間で91万円になります。

20年だと241万円。

30年間だと486万円。

40年間だと888万円。

「たかが5,900円くらいだし、まぁいいか!」なんて、払う必要のないお金を払い続けるかたは、いつまでたってもお金持ちになれません。

もう新聞にお金を掛けるのはやめてみませんか?

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

節約・保険・税金
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ