金持ちになる絶対条件!投資の必要性

金持ち思考

日本の労働者の平均年収が400万円台の時代です。

年収1000万以上稼げるのは一部の限られたエリートのみで、労働人口のうち僅か4%ほどです。それでも手取りだと700~800万程度。

年に300万円貯めても1億円貯めるのに34年かかるんです。

年収1000万円程度では、それなりに裕福な生活ができてもお金持ちになる事はほとんどの場合できません。

知人や友人で20代からずっと1000万円以上稼ぎ続けている人います?

労働による収入には限界があるんです。

既にお金持ちになっている人のほとんどは、労働で得られた収入でお金持ちになった訳ではないんです。

自分のビジネスか資産への投資で得られる収入でお金持ちになっています。

ビジネスをすぐに始めるのは障壁が高いですが、投資なら、今日から誰でも始められます!

投資と一口に言っても、さまざまありますので、メジャーな投資方法をざっと紹介していきます。

スポンサーリンク

株式投資

投資というと一般的に株式投資を最初にイメージされるのではないでしょうか?

基本的には株式を安く買って、高く売る事で差益を得ます。

証券会社に行ったりしなくても、証券会社の口座を開設すればオンラインで手軽に取引できます。

また、一口に株式投資といっても、個人投資家の中ではさまざまな投資スタイルがあります。

  • スキャルピングトレード 

短時間で小さな利益を積み上げていく超短期売買のこと。

ほとんどが数秒~長くても5分ほどで終了するトレード。

一日に何回も売り買いを繰り返していく事で大きな利益を得る事ができます。

  • デイトレード

基本的に、今日のトレードはその日のうちに決済するという短期売買。

数時間程度で売り買いします。

スキャルピングやデイトレードは基本的に1日中パソコンの前に張り付くスタイルですね。

  • スイングトレード

数日から数週間の期間で売り買いします。

割と短期間に大きな利益を得れる可能性が高いですが、逆もまたしかり。

数日で資金が半減するなどといったことも。。

  • 中長期投資

1年~数十年単位で株式を保有する事で長期的な企業の成長による株価の値上がりや配当を受け取ることで利益を得る方法です。

企業の業績や事業の成長性を予測して投資を行います。

中長期投資は日中の値動きをあまり気にしないで済むので日中仕事をしているサラリーマンなどに向いています。

こちらの記事もどうぞ。》株式投資の始め方!初心者オススメの書籍5選!

スポンサーリンク

不動産投資

不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産へ投資することです。

具体的には、アパートやマンション、一戸建てなどを購入して誰かに賃貸にすることで家賃収入(インカムゲイン)を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で売却益(キャピタルゲイン)を得る方法があります。

売却益よりも家賃収入(運用利益)を期待して投資する不動産投資が主流となっています。

不動産投資は購入する物件を担保に銀行などから融資を受けれる為、少ない自己資金でも大きな金額の投資 (レバレッジが効く) ができる点です。

株式買うのに銀行はお金貸してくれませんからね。。

普通のサラリーマンが1億円以上の物件を持っている事も。

賃貸に空室が出ると家賃収入が得られない期間がある事や、物件自体の価格が下がってしまうリスクもあります。

株などと違って普段は値動きを敏感に気にしなくて良い事もメリットです。

こちらの記事もどうぞ

》株式投資 vs 不動産投資!オススメはどっち?

スポンサーリンク

FX

FXとは「Foreign Exchange」の略です。

日本語での正式名称は外国為替証拠金取引といいます。

日本円や米国ドルなどの2つの異なる通貨の売買する事で差益を得る取引なのです。

日本円で米ドルを買ったとすると「ドル買い」と「円売り」の取引です。

他にも、ユーロで中国の元を買ったり(ユーロを売る)、米ドルでトルコのリラを買う(米ドルを売る)などのように、日本円以外の様々な2つの通貨の売買が行われます。

株式の用に長期保有すれば価値が増大し続ける事はなく、通貨を発行している国の信用力や経済要因で日々変動します。

取引している人の心理状況や値動きの相場を読む力が試されます。

スポンサーリンク

債券

債券とは、国や地方公共団体、企業、または外国の政府などが一時的に、一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものです。

債券投資を簡単にいうと、投資先である国や地方公共団体などにお金を貸して、一定の利息を受け取るという事ですね。

あらかじめ利率や満期日などが決められており債券を購入すると、定期的に利率分の利子を受け取ることができます。

そして、満期日を迎えると、債券の額面金額である償還金を受け取ることができます。

投資先が破綻すると投資したお金は帰ってきません。

こちらの記事もどうぞ
》債券投資はおすすめ?確定利益をドブに捨てる債券ファンド

スポンサーリンク

投資信託

投資信託(ファンド)とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

投資信託の詳しい解説はこちらの記事をどうぞ
》投資信託とは?初心者にオススメな理由をわかりやすく解説!基本は長期・分散・積立!

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。

投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。

このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

株式を購入する場合は、ある程度まとまった投資資金が必要になりますが投資信託を通じて株式へ投資する場合は、100円からの少額投資が可能です。

また、分散投資でリスクを軽減できる点もメリットになります。

1つの銘柄だけに投資していた場合、企業倒産や株価が値下がりすると、そこでの影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う可能性があります。

そこで、投資信託によって複数の銘柄に資金を分けて投資をすることで値下がりなどの様々なリスクを、分散、軽減することができます。

個人では投資しにくい国や地域、資産に投資できる事もメリットで、国内外の株価指数、株式、不動産、債券など、組み込む資産は多種多様です。

また、個人投資家には困難な発展途上国の株式や債券などを投資対象とした商品が多くあります。

投資信託は積立投資する方法がおススメです!こちらの記事をどうぞ。
》塵も積もれば富豪となる!積立投資の優位性

スポンサーリンク

ETF

ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。

投資の構造は基本的に投資信託のインデックスファンドと同じですが、株式の用に取引所に上場しているようなイメージの金融商品です。

ETFもインデックスファンドも運用の目的は同じで、指数の動きに連動する運用成果をめざす、指数連動型の投資信託です。

通常インデックスファンドは、1日1回算出される基準価額で、1日1回しか取引きできませんが、ETFはそのインデックスファンドを投資家の判断で、金融商品取引所の取引時間内に、株式と同様に相場の動きを見ながら売り買いができるようになっています。

こちらの記事もどうぞ
》ETFと投資信託の違いとは?どっちが良いか比較してみた!

スポンサーリンク

仮想通貨

仮想通貨の大きな特徴は以下の2点であるといえます。

「特定の国家による価値の保証を持たない通貨」

「暗号化されたデジタル通貨」

日本円やドルなどのように国がその価値を保証している通貨を「法定通貨」といい、紙幣や貨幣等目に見える形で存在するのが一般的です。

日本では、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)、および造幣局が製造し政府が発行する貨幣(硬貨)のみが法定通貨となっており、利用面でも日常の買い物や商取引の決済や賃金などの支払いにおいて、受取を拒否できない強制力が法的に認められています。

一方、仮想通貨は特定の国家などによって一定の価値が裏付けられているものではなく、インターネット上でやりとりされる「交換するための媒体」、「電子データ」に過ぎません(物理的な実体もありません)。

しかし、仮想通貨は日本円やドルなどの法定通貨で行うほぼ全てのこと(交換、決済、送金、融資等)ができます。

また、法定通貨とも交換できることが仮想通貨の経済的価値の土台となっていると考えられます。

代表的な仮想通貨のビットコインなどはクレジットカード決済やコンビニ決済と同じように
ショッピング等での決済手段として利用されはじめています。

2017年に入り、ビックカメラやHISといった国内大手企業でもビットコインでの決済がスタートしました。

売買によって差益を狙う点は株式投資やFXなどと同じです。

ripple社が発行する仮想通貨XRPが一押しです。私も少し保有してます。

スポンサーリンク

その他

ここ数年はソーシャルレンディングが盛り上がって来てます。

ソーシャルレンディングとは貸したい個人と借りたい企業をマッチングし、個人から集めた小口の現金を、企業などへ融資するサービスです。

ソーシャルレンディングの詳細はこちらの記事をどうぞ
》ソーシャルレンディングとは?オススメやリスクなどをわかりやすく解説!

その他にも先物取引や金・銀・プラチナ、太陽光発電、VIX指数投資などなど。。。。

きりがないのでまたの機会に。。

スポンサーリンク

まとめ

自分のスタイルに合った投資を選びましょう。

といっても 、どの投資方法が向いているのかは、資金力や個人性格、置かれている環境で変わるのでどれが良いかは一概に言えません。

やってみないと何が合っているなんてわからないですよね。

まずは少額で投資を始めて、お試しで実践しながら勉強するのが金持ちへの一番の近道。

学習し、自分が何をやっているのかしっかり理解して投資すればリスクは排除できます。

綱渡りをやった事がない素人がいきなり崖の上で綱渡りすると危険ですが、達人が綱渡りするのはそんなに危険ではなかったりします。

綱渡りは練習する事で上達して危険のリスクを減らす事ができるように、投資もしっかり勉強する事でリスクを減らす事ができます。

まずは今日から始めましょう!ごちゃごちゃ言わずにまずはやってみる行動力が大切です!

投資資金の作り方については、こちらの記事をどうぞ。
》こうやって準備する!誰でもできる投資資金の作り方!

金持ち思考
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ