マネーフォワードMEを使い倒せ!お金が貯まらない人必見!

マネーフォワードME 節約・保険・税金

お金持ちになる一番簡単な方法は、支出管理をして出費を減らす事です。

いくらたくさん稼いだところで、湯水の如く出費をしていては、いつまでたっても資産は増えませんよね。

しかし、収入が増えると気持ちにも余裕ができ、ついつい無駄なものにお金を使ってしまうものです。

さらに、気が付いたら、お金がない。。

何に使ったのかもわからない。。

これでは、大穴の開いたバケツに水を貯めようとしているのと同じです。

お金を貯める為に最優先でやるべき事は、バケツの穴を塞ぐ事でしょう。

しかし、どこに穴が開いているのかわからなければ塞ぎようがありませんよね。

まずは、支出を見える化して、バケツの穴を見つけるところからスタートです。

そこで、時間や手間を掛けずに支出を見える化する方法として、オススメしたいのが家計簿アプリの「Money Forword ME」を使う事です。

なぜ「Money Forword ME」がオススメなのかと言うと、これまで面倒で億劫だったクレジットカードの使用履歴や銀行口座の情報が自動的にアプリに連携され、いちいち手入力する必要がないからです。

さらに、ほとんどスマホだけで完結します。

今日は「Money Forword ME」の機能やメリットについて解説します。

☑支出管理の重要性
☑マネーフォワードMEとは?
☑マネーフォワードMEの機能
スポンサーリンク

最も重要なことは支出を管理して減らす事

お金が貯まらない人には共通する特徴があります。

以下のような特徴にあてはまる方は危険サイン。

★お金が貯まらない人の特徴

  • 財布や銀行口座にいくら入っているかわからない
  • クレジットカードやキャッシュレス決済でいくら使っているかわからない
  • まとまったお金が入ると使ってしまう
  • 家計はどんぶり勘定

いずれも、何にどれだけ支出しているか把握しておらず、お金の使い方や貯蓄に計画性がない事が原因です。

まずは、支出を見える化する事から初めましょう。

見える化ができてこそ、ようやく対策を考える事ができます。

さらに、支出管理を始めると、節約の意識も自然に芽生えるので一石二鳥です。

日々何気なくお金を使っており、大したことのない金額と思っていても、積み重ねて合計してみるとけっこうな金額になっているものです。

お金が貯まらなくてお悩みの人は、家計簿をつけてみましょう。

しかし、忙しい現代人。

家計簿なんてつけるの、はっきり言って面倒ですよね?

そこで家計簿アプリの「Money Forword ME」が重宝します。

スポンサーリンク

マネーフォワードMEとは

マネーフォワードMEとは、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をビジョンにするマネーフォワード株式会社が提供している家計簿アプリです。

最大の特徴は、金融機関やクレジットカード会社、ネットショッピングなどの様々なサービスと提携しており、使ったお金の情報が自動的にアプリに連携される事です。

今までは、家計簿にいちいち手入力していた支出の情報も、マネーフォワードをインストールして設定さえしておけば、自動的にアプリに連携されます。

さらに、現金を利用した場合も、スマホでレシートを撮影するだけで、データとして取り込みをしてくれます。
面倒で家計簿をつけてこなかった人にとっては神のようなアプリです。

しかも、ほとんどの機能が無料で利用できます。

スポンサーリンク

マネーフォワードMEの機能

マネーフォワードMEには以下の特徴があります。

ほぼ自動的に家計簿を作成

マネーフォワードMEは自動的に家計簿を作成してくれ、収入や支出だけでなく、資産の残高まで一括で管理できます。

さらに、以下のような便利な機能が用意されており、とても見やすくなっています。

・銀行の残高不足や、クレカの使いすぎなどをおしらせ
・クレカの次回引き落とし情報をまとめて管理
・予算項目毎に今月使えるお金をチェック
・家計や資産状況を分析してレポート

現金支出もレシートを「パシャ」で完了

現金での支出についても入力が簡単。

アプリからカメラを立ち上げてレシートを撮影するだけです。

自動的にレシートの文字情報を読み取って、家計簿へ入力をおこなってくれます。

豊富な提携先サービス

マネーフォワードMEの魅力のひとつは、多くの金融機関やサービスと提携している事!

2019年7月現在では、2613社と提携しており自動的に資産の状況や収入・支出のデータがマネーフォワードMEのアプリへ連携されます。

しかも、銀行口座やクレジットカードだけではありません。

証券口座や、FX口座も連携OK。

さらには、投信、年金、ソーシャルレンディング、ポイント、携帯、電子マネー、通販サイトまで様々なサービスとの自動連携が可能です。

自動連係の設定も、マネーフォワードMEから提携先のサービスへアクセスして、ユーザーIDや口座番号、パスワードなどの情報を入力するだけです。

一度、設定さえしておけばマネーフォワードMEと各サービスが用意するAPIを通して自動的に情報が連携されます。

よほどマイナーなサービスでない限り、ほとんどのサービスと連携できるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

資産形成において、収入をアップさせたり投資する事も重要ですが、一番簡単で重要な事は「支出を減らす」事です。

まずはどのように支出しているのかをしっかりと管理し、無駄な出費を省く事が最優先事項です。

ちなみに、年間75万円の節約と年収100万円アップには同じくらいの効果があります。

以下の記事をどうぞ。

節約・保険・税金
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ