自動車ローンを組み、住宅ローン繰上返済?シミュレーションしてみた。

節約・保険・税金

こんにちは。金持田マネ夫です。

以前、友人からこんな相談を受けたので、そのエピソードと教訓をご紹介します。

自動車を現金一括で買おうとしたところ、知り合いのファイナンシャルプランナーよりこんなアドバイスを受けたそうです。

「現金で自動車を買うのであれば、その現金で住宅ローンを繰り上げ返済して、新規に自動車ローンを組んで自動車を買ったほうが、トータルで節約できますよ!」

by どこかのファイナンシャルプランナー

本当なのかシミュレーションしていきましょう。

スポンサーリンク

住宅ローンを繰り上げ返済して、自動車ローンを借りたほうが得か?

ファイナンシャルプランナーのアドバイス詳細

住宅ローンの詳細はざっと以下の通り

  • 当初借入金額 3000万円
  • 借入期間 35年
  • 変動金利 1%
  • 繰り上げ返済時期 5年目
  • 繰り上げ返済額 200万円

この条件で200万円繰り上げ返済すると総返済額が35,567,700円から35,251,820円になります。

つまり住宅ローンの繰上返済で315,880円節約できるという話だ!

ふむふむ。。

次に、自動車ローン 200万円を金利3.5%、借入期間5年で組んだとしても支払総額は2,182,980円である。

つまり自動車ローンの金利負担はたったの182,980円。

住宅ローン繰上返済による節約効果315,880円から自動車ローンの利息負担182,980円を引いても 132,900円もお得になります!という事だ!

おー確かに!

やはり期間が長くて借入額の大きい住宅ローンを優先的に返済したほうがお得なのですね!

スポンサーリンク

ちょっとまった!

いやいや!なんか違和感あるぞ!と思った方は正解です。

これには抜け落ちている論点があるんです。

住宅ローンは繰上げ返済すると、確かに残期間30年×金利1%の繰り上げ返済による節約効果が減ります。

しかし、自動車ローンは残期間5年×金利3.5%です。

25年も期間が異なる。という事が考慮されていません。

つまり、今200万円を現金で払って自動車を買います。そして自動車ローンを返済するつもりになって5年かけて200万をまた貯めます。

5年後に貯まった200万で、住宅ローンの繰上げ返済します。

こちらの方が得ではないか?という事なんです。

検証してみましょう。

繰上返済しなかった場合の返済総額は35,567,700円でしたね。 今ではなく、5年後に200万円繰上げ返済したときの返済総額は35,306,600円です。

つまり200万円の繰上返済を5年後にしても、節約効果は261,100円もあるんです。

この場合、車は現金で買うので、自動車ローンの金利182,980円は1円も払う必要がありません。

なので、5年後に繰上返済した場合は261,100円がまるまる節約できます。

先ほどの、住宅ローンを繰上返済して自動車ローンを組んだ場合は132,900円の節約効果でしたので、結論としては、自動車を現金一括で買って5年後に住宅ローンを繰上返済したほうが128,200円も節約効果が高いという事がわかりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回のケースでは、住宅ローンの金利は1%で、自動車ローンの金利は3.5%です。

金利の差は2.5%!

ファイナンシャルプランナーのアドバイスを鵜呑みにしていたら、200万円に対して、金利差2.5%を5年間払うハメになったという事です。

基本的には単純に金利が高いほうを優先して返済する事でOKです。

ファイナンシャルプランナーといってもピンキリです。アドバイスを 鵜呑みにせず、実際に自分で計算してみる事が重要です。 住宅ローンの繰上返済で返済期間を短縮する場合は、金利や期間によって結果が逆転する場合もあります。

今はWeb上で簡単にシミュレーションできますので必ず計算してください。

200万円の自動車くらいでは失敗しても大した損にはなりませんが、数千万~億単位の不動産投資になってくると少しの金利差が物凄い金額の差になります。

個人のケースに合わせて実際に具体的なシミュレーションをする事が、何事においても重要です。

節約・保険・税金
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ