Kyash+楽天カード支払いで3%お得に!消費税増税も怖くない!

Kyashと楽天カードで3%得 節約・保険・税金

中国ではホームレスまでもが、キャッシュレスで物乞いする時代です。

日本では現金決済が中心で、キャッシュレス文化が遅れていますが、最近はPayPayや楽天ペイなどのサービスの登場でキャッシュレス決済も広がりを見せています。

現金を持ち歩く必要がないキャッシュレス決済は、ただ便利なだけではありません。

キャッシュバックやポイント還元が受けられるメリットもあるので積極的に活用したいところです。

しかし、キャッシュレス決済に対応していないお店も未だたくさんありますよね?

そんな時は、Kyashというウォレットアプリが便利でお得なのですが、ご存知でしょうか?

Kyashはウォレットアプリでもあるのですが、VISAリアルカードが発行できるという事がポイントです。

VISAリアルカードとは、プリペイド式のVISAカードで、コンビニや銀行ATM、クレジットカードなどから現金をチャージして使う事ができます。

しかも、楽天カードなどからKyashへチャージを行うと、2%のキャッシュバックと1%分の楽天ポイントの2重取りができてしまいます。

消費税増税を嘆く前に、Kyashを使って賢く節約しましょう。解説します。

★この記事でわかる事
☑Kyashとは
☑Kyashの使い方
☑Kyashの登録方法
☑Kyashリアルカードとは
☑Kyash+楽天カードの賢い使い方
☑Kyashの制限について
スポンサーリンク

Kyashとは

株式会社Kyashが運営するウォレットアプリです。

Kyashに登録すると、VISAバーチャルカード、またはVISAリアルカードが発行され、事前にお金をチャージしておくと普通のクレジットカードと同様に使用できます。

手数料などは一切かからず、普通のVISAカードが使える店舗やネットショッピングであればクレジットカードと同じように使えるので、キャッシュレス決済対応していない店舗でも使えて便利なんですね。

そして、Kyashを利用する最大のメリットはなんといっても、2%のキャッシュバックです!

手数料も一切かからず普通のクレジットカード感覚で使用しているだけで、2%のキャッシュバックを受ける事ができてしまいます。

なんとも素晴らしい!

これを利用しない手はありません。

キャッシュバックされたお金は、そのままKyashの口座残高として反映されます。

ちなみに、キャッシュバックのタイミングは、請求月の翌月末ですので利用してから約2ヶ月後になります。

株式会社KyashはVISA加盟店から手数料をもらうビジネスモデルになっているので、利用者が手数料を負担する事はないのですね!

スポンサーリンク

Kyashの使い方

Kyashへチャージする方法

Kyashはプリペイド式のクレジットカードなので利用する際はチャージしておく必要があります。

Kyashへのチャージ方法はいくつかあります。

  • クレジットカードからチャージ
  • セブン銀行やネットバンキングからチャージ
  • コンビニでチャージ

複数のチャージ方法がありますが、クレジットカードからチャージする事をおすすめします。

理由は後述します。

ちなみに、Kyashアプリへ手持ちのクレジットカード情報を登録しておけば、Kyashの残高が無くても、利用した時点で使った分だけが自動チャージされますので、余分にチャージしておく必要もありません。

自分で残高を確認して、いちいちチャージする手間もなくなりますから、クレジットカードを事前登録しておく事をおすすめします。

Kyashを利用する方法

Kyashの利用方法にはバーチャルカードを使用する方法とリアルカードを使用する方法の2種類があります。

バーチャルカードの使い方

メールアドレスと携帯電話番号を登録すれば、今すぐ使えるバーチャルカードがアプリ内で発行され、ネットでの支払いに利用する事ができます。

ネットショッピングなどでお買い物するだけであれば、バーチャルカードの発行のみで良いでしょう。

リアルカードの使い方

本人確認も不要で、パソコンやスマホから簡単にお申し込みができます。

申し込みすれば、Kyashのリアルカードは数日で自宅に郵送されてきます。

ネットショッピングだけでなく、実店舗での支払いにも使えるので、こちらも是非申請しておきましょう。

スポンサーリンク

Kyash+楽天カードでいつでも3%お得に

Kyashの利用だけでも2%のキャッシュバックを受ける事ができます。

通常のクレジットカードなどは1%くらいのポイント還元が主流なので、それと比べても十分にお得ですよね。

しかし、それだけじゃないんです!

なんと、楽天カードなどのクレジットカードからKyashへチャージした場合でも、楽天カード側のポイント還元は通常通り受け取る事ができるんです。

Kyashのキャッシュバック2%と楽天カードのポイント還元1%を合わせると3%もお得になります。

Kyashへチャージする際は、楽天カードなどのポイント還元が受けれるクレジットカードから必ずチャージするようにしましょう!

ノーリスクで3%も還元を受けれる事なんて、なかなかないですよ!

スポンサーリンク

Kyashの制限事項

Kyashを利用する上でのデメリットは基本的に見当たりません。

ただ、利用にあたっては以下のような制限事項もあるので確認しておきましょう。

1回の利用額に制限がある

バーチャルカードで利用する場合、1回のお買い物で利用できる限度額は3万円となっています。

リアルカードの場合は5万円までですね。

一部の支払いでは2%のキャッシュバックが受けれない場合がある

返品などによってお買い物自体がキャンセルとなった場合は、もちろんキャッシュバックされません。

また、寄付や公共料金、ふるさと納税を含む各種税金の支払い、金券などの購入もキャッシュバック対象外となっています。

楽天Edyやnanacoなどのプリペイド式支払手段へのチャージなども対象外ですね。

また2019年2月3日移行は以下の取引もキャッシュバック対象外となりました。

  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
スポンサーリンク

Kyashの登録方法

Kyashの登録はいたって簡単です。

バーチャルカードを申請する場合は、スマホで「Kyash」アプリをダウンロードして、必要事項を入力するだけです。

リアルカードを申請する場合は、アプリから申し込むか、Webで申し込みする事ができます。

いずれも、所要時間は1分~2分程度です。

Kyashへの登録は公式ホームページよりどうぞ》Kyash公式ホームページ

スポンサーリンク

まとめ

楽天PayやPayPayなども20%キャッシュバックなどの派手なキャンペーンやってますね。

もっと高還元率のキャンペーンが開催されていれば、そちらに乗っかっておきましょう。

しかし、Kyash+楽天カードを組み合わせれば、キャッシュレス決済に対応しておらず、クレジットカードしか使えない店舗でも常に3%キャッシュバックをゲットできるので、この機会に申請しておきましょう。

たかが3%と思うかもしれませんが、1年間で使った金額が300万円とすると、年間で9万円も得する事になります。

月に7500円です。

面倒だと言う理由でやらないと、大きな損失になりますので思考チェンジしていきましょう!

節約・保険・税金
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ