保険はギャンブルなので入るべきではない!必要性が少ない理由

節約・保険・税金

皆さんは何か保険に加入してますか?

日々の支出を見直す際は、大きな支出項目から対策していかなければなりません!

その中で、この「保険」が実は意外と曲者なんです。

例えば日本の1世帯あたりの年間払込保険料は平均して約38万円くらい。

月に3万以上払っている計算です。

保険の条件や細かな補償内容をきちんと理解しないまま、保険屋に勧められるがままに契約してしまうケースや、不安だからという理由でなんとなく保険に入る方がとても多いです。

良くわからないのに3万円も払い続けてくれるカモがたくさんいるので、保険屋さんは商売繁盛ですね。

無駄にお金を垂れ流さないよう、保険の本当の必要性を考えていきましょう。

★この記事でわかること
・保険の本質はギャンブルである
・ほとんどの保険が必要ない理由
・資産運用として見た保険
・オススメの保険の入り方
スポンサーリンク

保険は人の不幸に金をかけるギャンブルです

保険というのは、人が不幸になるかどうかを対象にお金をかけるギャンブルなのです。

例えば生命保険。保険期間中に生きていれば保険金を受け取る事はできません。

しかし、死ぬと保険金をゲットする事ができます。

つまり、あなたは生命保険ゲームのプレイヤーで保険会社はディーラーです。

人の生き死にの確率は、統計であらかじめ計算ができます。

なので生命保険ゲームは必ずディーラーが勝つように設計されています。

プレイヤーからすると期待値マイナスのゲームという事です。

つまり、手厚い保険にたくさん入るべきではないという事です。

もしもの時に必要な最低限レベルにするべきでしょう。

そもそも、お金がたくさんあって、もしもの時でも困らない人は保険に入る必要性がありません。

独身なのに生命保険に入る方もいますが、その保険金が必要な人は誰ですか?とツッコミたくなります。

スポンサーリンク

実は充実している日本の制度

例えば「医療保険」。

三大疾病やがんなどを対象にした医療保険も様々な商品がラインアップされていますが、ほとんど必要ない物ばかりでしょう。

日本ではそもそも健康保険の制度があるので、医療費は3割の自己負担で済みます。

さらに健康保険には「高額療養費制度」という神制度があります。

高額療養費制度とは、ひと月で自己負担した医療費が高額になった場合、自己負担限度額を超えた分が、払い戻される制度です。

収入に応じて自己負担する限度額は変わりますが、おおむね9万円程度で済みます。

なので、300万の手術や治療を受けたとしても、自己負担はたった9万円で済むのですよ。

また、日本の年金制度では「遺族年金」という制度もあります。

公的年金の加入者が、配偶者と幼い子供を残して死んでしまった場合、子供が18歳になるまで遺族年金が支給されます。

さらに老後に残された妻の生活を保障する為にも年金が支給されます。

手厚い生命保険に加入する必要はないかもしれません。

また、住宅ローンを組んで家を購入してる場合は団体信用保険がついているので、残ったローンもチャラになりますよ。

次に「入院保証保険」。これも必要ないでしょう。

最近は盲腸などの手術を受けたとしても、2泊3日程度で退院できていまいます。

一般病棟に入院した人が2週間以内に退院する確率は70.6%。

1ヶ月以内では87%の方が退院します。

入院日数はさほど長くならないので保険料を取り返せる人はほとんどいないでしょう。

スポンサーリンク

資産運用としてみた保険

保険には掛け捨て型以外にも、貯蓄性のある終身型の保険商品がたくさんあります。

掛け捨ての保険商品は損した気になるので、貯蓄性のある終身保険に入られるケースが多いです。

同じ1,000万円の死亡保障を受けるのに掛け捨てだと毎月1,000円~2,000円程度で済みますが、終身保険だと毎月20,000円以上の掛け金を払う必要があって、毎月結構な差になりますよね。

バブル以前は年利5%の予定利率で運用される終身保険が多くありましたが、現在ではどれも1%未満。

しかも僅かな利息から保険屋の経費を差し引かれて運用されるので、30年間積立ても、元本+10%程度にしかなりません。

年利でいうと0.3%程度か。。。銀行預金に毛が生えた程度です。

資産運用として見れば、終身保険に入らず安い掛け捨て保険に入って、浮いた差額で投資信託を買っている方が遙かにパフォーマンスが良いです。

「投資はリスクはあるけど、保険は元本保証なのでノーリスクだ!」とおっしゃるかもしれません。

しかし元本保証でも次のようなリスクがあるのです。

スポンサーリンク

元本確保型でも安心できない理由

保険は投資と違って、途中解約しなければ元本が確保されますので安心だと思ってませんか?

実は元本確保でも安心できません。

まずは、インフレリスク。

30年後も今と物価が同じとは限りませんよね。

例えば終身に毎月積み立てて1,000万円になったとしても、物価が倍になっていれば1,000万円の価値は半分になったという事になります。

さらに、元本確保は元本保証とは異なります。

多くの終身保険は途中解約すると必ずマイナスになり元本割れします。

そして、長期間の契約になるのでインフレに臨機応変に対応できないのです。

急にお金を用意しなければならない時も、終身保険を途中解約すると損します。

例えば住宅ローンの金利が上昇した場合も、本来は繰上げ返済を優先すべきですが、そういった対応もできません。

また、終身保険に入って低い利回りで運用し、高金利な自動車ローンを組む行為などは愚の骨頂です。

自動車ローンは組まずに、保険料が割安な掛捨の保険に入って、浮いたキャッシュを貯めて買いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

保険は人の不幸を対象にしたギャンブルです。

もしもの時に最悪の事態を切り抜ける為の最低限の掛捨型保険に入るのがお得です。

また、保険は同じ保証内容なら一番安い商品を選択してください。

保険会社は、保険加入するまでの人には広告費や勧誘の為のプレゼントなどに多額の経費を投入します。

しかし、加入した後にはアフターサービスはありません。

補償内容が同じなら、保険料の違いは保険会社の経費や利益の違いです。

セールスレディーが付くような大手の保険会社ではなく、ネット専用保険が保険料の安く商品も充実してます。

よくわからない場合は、自分の保険商品を売りたい保険会社ではなく、複数社の保険の中から良い商品を提案してくれる保険アドバイザーに相談して見ましょう。

保険見直しラボ

節約・保険・税金
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ