最速で出世する7つの方法!稼いでキャッシュフロー最大化!

仕事・副業

金持ちになる為の公式は資産=(収入ー支出)+(投資×利回り)です。

できるだけ収入-支出で得られるキャッシュフローをプラスにして、大きな投資資金を作り、そして利回りの良い投資を行う必要があります。

しかし、節約といっても限界がありますし、投資にはリスクを伴うので、いつでもバンバンザイ!という訳にもいきません。

時には収入を増やす事に注力する事も、金持ちになる為の重要なファクターです。最近では「マルチプル・ストリームス・オブ・インカム」と言って、収入源を複数持つ事を推奨する考えも提唱されています。

本業以外にも複数の収入源を作り、収入増加を加速する事も考えて欲しいのですが、副業でがっぽり稼ぐのも、なかなか簡単にはいきません!

はっきり言って、ほとんどの人は労働による収入だけでお金持ちになる事はできませんが、投資に使えるキャッシュフローを増やす目的で、労働収入を増やす事も有効な手段のひとつです。

今日は労働収入を増やす「出世」の方法について、考えていきましょう。

★この記事でわかる事
☑ミレニアル世代の価値観とは
☑出世した方が実は楽な理由
☑真の出世は運の要素が強い事
☑サラリーマンに責任なんてないという事実
☑出世の可能性を高める方法
スポンサーリンク

ミレニアル世代の価値観

ミレニアル世代

これから出世を目指そうという方は、いわゆるミレニアル世代の方ですよね。

ミレニアル世代とは2000年以降に社会人になった世代の方の事です。

2025年には世界の労働者の75%が、このミレニアル世代になるそうですよ。

何を隠そう私もこの、ミレニアル世代です。

この世代の仕事に関する価値観の特徴として、「お金よりも、自分の興味のある仕事ややりがいが持てる事がしたい!」という傾向があります。

いっぽう、50代や60代くらいの、まだ物に恵まれなかった高度経済成長期以前を経験している世代は「お金」がやりがいに直結します。

なので、この世代はサラリーマンとして出世する事に憧れ、意欲も高いという特徴があります。

70代以上の世代は戦争で食べるものさえ、ままならなかった時代を経験していますので、なによりも「食」に対する価値観が重視されるそうです。

各世代によって、生きてきた時代背景が異なるので、価値観が異なるのは当たりまえですね。

考えてみれば、ミレニアル世代は戦争や貧しい時代をまったく経験しておらず、今までほとんど物や食べ物に困った事がないんですよ。

なので、お金は必要最低限でよく、出世して稼ぐ事よりも仕事への興味や、やりがい、自分の存在意義、などをとても重視します。InstagramやFacebookなどのSNSでの承認欲求爆発などもそんな価値観の表れですよね!

なので、総論で言うとミレニアル世代はサラリーマンとして「出世」する意欲が昔ほどなくなってきてるのです。

給料が増えても責任や面倒な事が増える管理職になる事を望まない人も最近では多いのではないでしょうか?

実は、出世したい人にとって、これは最高の環境なんです。

出世する意欲が平均的に低いという事は、見方を変えれば競争相手が少ないという事。

ブルーオーシャンなんですよ!

人口減+競争率も低ければ、出世できる確率は高いと考えれます!

出世しようがしまいが、どーせ同じ時間を使うのです。

是非「出世」して本業収入の増加を狙い、最速で金持ちをめざしましょう!

スポンサーリンク

実は出世した方が楽

出世

出世すれば責任が増えて面倒な事が多くなり、ストレスも増えると考えると思います。

しかしこのような事は考え方ひとつで、まったくストレスではなくなります。

責任が重くなるなんて事は実は錯覚と言ってもよいでしょう。

もちろんお給料をいただく以上、与えられた業務をこなしたり、決められた時間に出社する責任はあります。

しかし、サラリーマンにはそれ以上の責任なんてないんですよ。

例えば、少々失敗して売上を逃そうが、部下がヘマしてお客からクレームを受けようが給料が無くなったり、あなたの資産を奪われたりする事はありませんよね。

日本ではボーナスが少なくなったりする事もありますが、微々たるものです。

会社が儲かろうが儲かってなかろうが、基本的に決まった給料をもらう事ができますよね?

失敗した時の真の「責任」とは株主が資本の損失をもって取るのです。

ヘマをした雇われ社長が「責任をとって辞職する」という習慣がありますが、「辞める=責任をとる」ってロジックがそもそも破綻してるんですよね。

本当の「責任をとる」とは会社の損失を労働者である個人が賠償する事でしか成立しません。

故意に損失を与えた訳でないのなら、損失を賠償するなんて事はありえないので、サラリーマンには本当の責任なんて何もないという事です。

「責任」と思っている事のほとんどはタダの幻想だという事を理解しましょう!

サラリーマンとはコントのようなものと思ってください。

仕事の責任や人間関係のストレスなんて感じる必要がなくなります。

スポンサーリンク

出世の確率を上げる7つの方法

出世競争

責任を取るのは株主に任せて、あなたは自分の為に思いっきり働くべきです。そしてサラリーマンというコントの中で、出世する方法を考えましょう。

「えっ!仕事のできないあの人が?」なんて意外な人が出世したりしますよね?

もちろん職種によっては絶対的な職務遂行上の知識や技術力が重要視される事もあります。

しかし、このような表面上のスキルよりも根回し力や調整力、対応のうまさなど、表面上のスキルではないポイントが重視されるものです。

ポイントを押さえて実践していきましょう。

できなくても良いからやる

「~~なので、できません!」はやめましょう。結果的にできなくても良いのでまずはやってみる事が重要です。

仕事を頼む上司は、「できない理由」を並べられても、自分が解決策を考る事になるので面倒なだけなんです。

いくら正当な理由であっても、「できません!なぜならば~~」とスグに言う人は出世しません。

仕事を頼む方から評価される訳がありませんよね。

もちろん実際にできる方が良いのですが、例え無茶な要求でも、まずはやってみて結果的にできなかった方が何倍もマシな評価になるのです。

説明上手になれ

説明がわかりにくく何が言いたいのかわからない人も出世しません。

わかりにくい説明に共通するのが、「私はこのように思うので~、そしてこんな例もあるので~、このような結論になりました」という時系列での説明。

聞き手は早く結論を知りたいのです。

説明するときは、まず完結に結論から述べて、なぜならば~、例えば~と続けて回答するようにしましょう。

同じ事を説明していても、聞き手のストレスが軽減され、理解度もアップします。

忙しい上司からすると、早く問題解決してひとつひとつの仕事を完了させたいものです。

急いでいる時ほど、ウダウダ言われるとイライラして、あならの評価は下げられます。

聞き上手になれ

聞き上手になるというのは、相手の言いたい事を理解して期待に答えるという事です。

例え意見を求められたとしても、あなたの考えや意見なんて聞いてないのですよ。

大体は自分の考えと一致しているのか確認したいだけなんです。

上司の考えが正しいか間違っているかは横に置いておいて、まずは相手の考えを理解するという事に注力してください。

寛容になれ

物事に寛容になりましょう。そもそも世の中はあなたにとって合理的でフェアにはできていません。

例えば、経営方針や上司の仕事のやり方があなたの考え方と異なるからといって、苦言提言するパターン。

このような評論家タイプは良い印象を与えませんし、だいたい本心ではあなたの意見なんて聞いてないんですよ。

他人や組織に対して寛容で柔軟性のある人の方が信頼を得る事ができます。

特に飲み会などで会社や上司の悪口など言っているのは最悪なんですよ。

何の生産性もなく、全くの時間のムダ。

さらに最悪のケースでは本人に陰口が伝わる事もあります。

誰も得しないので、やめときましょう。

自分のやりたいようにやって、精神的に自己実現したいなら自分で投資して起業すべきでしょう。

マルクスの資本主義から勉強しなおして労働者という立場が、どういう意味なのかしっかり理解しましょう。

ハッタリをかませ

自信がなくても自信満々に振る舞ってください。

人の心の中までわからないもです。

実際に仕事で失敗した事実を隠してウソをつけという事ではありませんよ。

そのような事が発覚すればあなたの信用は無くなって、仕事を任せてもらえなくなります。

しかし、本当に自信があるかどうかなんて事は他者には絶対にわからないのです。

自信がない事を上司に正直に伝えても不安感を与えるだけです。

上司は「あなたに任せて良い?」というモヤモヤを解決し、背中を押して欲しいだけですから、実際にあなたに自信があるかどうかなんて関係ないのです!

健全なハッタリをかまして権威力をつけていきましょう!

お客様は上司や経営者

従業員に「お客様の為に!」と思って仕事をして欲しいのは、単なる会社側の都合にすぎません。

ビジネスを成功させる為にお客様の視点で考えてサービスや商品を提案する「顧客志向」の事を言っているのではありませんよ。

それは仕事の中で実践すればよいのですが、サラリーマンの真のお客様はあくまでも上司や経営者です。

組織の中であなたの労働を評価して対価を決めるのは上司や経営者ですよね。

例え、お客様の為に正しい事をしても、上司や経営者に評価されなければ、結果的に出世する事はありません。

本当にお客様の為になる事がしたければ、最速で出世してからの話です。

他責ではなく自責のように振る舞う

できない理由を他責のように振る舞うのはやめましょう。

他責にした時点で、他人が解決してくれないと物事が進まなくなります。

会社では全て自分の責任だと思って振る舞いましょう。

例え他人の過失であっても、「それを回避するように仕向けられなかったワタクシの責任でございます!」と胸を張って振る舞いましょう!

課題解決の為に何ごとにも責任感を持って行動する奴だと思わせれば勝ちです。

だって実際は責任ゼロだもん!

スポンサーリンク

まとめ

出世するに当たって何が重視されるかは、会社の風土や出世のステージによっても異なります。

もちろん営業成績至上主義のような会社もありますが、これも管理職になるとまた変わってきます。

出世していくにつれて、職業上の能力よりも、なおさらこのような能力が問われるようになります。

どんなステージでもこれらの本質的なポイントは共通しているものです。

やってもやらなくても、どーせ同じ時間を使うのですから、最速で出世して収入を高めて、金持ちになる為のキャッシュフローを少しでも大きくしましょう。

金持ちになるにはこちらの記事もどうぞ
》世界の金持ちが実践!金持ちになる方法

仕事・副業
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ