ふるさと納税やらず搾取される人続出!ワンストップで全手続き5分なのに。

節約・保険・税金

こんにちは。金持田マネ夫です。

皆さんふるさと納税やってますか?

全国のふるさと納税の実態調査結果では、ふるさと納税の事を知っているよ~という人は約93%。

しかし、実際にふるさと納税を行っている人は12%程度との結果がでているそうです。

さらに、未経験者の約40%程度はふるさと納税やってみたいと思いながらも、実行してないそうです。

ふるさと納税しておけば、なんとなく得する事がわかっているのになぜやらないのか?

たいていの理由は以下でしょう。

  • めんどくさい
  • 手続きが複雑そうでよくわからない
  • お金を先払いする事に対して損した気がする
  • 税金をたくさん納める事が誇りだ

これは完全に搾取される貧乏人の思考ですよ!

情報収集や目先のめんどくささに負けて行動できない人が金持ちになることはないでしょう。

すぐに実行しましょう。

★この記事でわかること
☑ふるさと納税とは?
☑どれくらい得?投資リターンは脅威の150%
☑手続きは面倒なの?手間はたった5分という事
☑楽天市場でOK!ワンストップ特例申請の手続き方法
☑稼げるふるさと納税のポイント
スポンサーリンク

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分のふるさとや応援したい自治体に寄附金として納税ができる制度です。

多くの自治体では地域の名産品などの返礼品を用意しており、ふるさと納税した人にお礼として品物が送られてきます。

また、寄付した先の自治体がどのように寄附金を使うかもこちらで指定する事もできます。

ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除・還付を受けることができます。

控除できる限度額は収入や家族構成などの条件によって異なる点は注意してください。

スポンサーリンク

投資リターンは150%超え

ふるさと納税で寄付した金額に対する返礼品の金額で、投資リターンを考えてみましょう。

還元率を考えると50%を越えている自治体の返礼品が結構があるんです。

寄付した金額は2000円を除いて、年末調整か翌年の住民税が減額される形ですべて帰ってきます。

たとえば私の場合、昨年は泉佐野市にふるさと納税しました。

返礼品のチョイスはヱビスビールです!

1万円の寄付に対して、ヱビスビール1ケース!アマゾンでの実勢相場は5,000円ほどなので。。。

つまり、年利は50%!

投資の神様ウォーレンバフェットでさえ年利20%がいいとこ!

あなたは他の投資で年間50%も増やせますか?

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度を使えば5分で終わる

手続きが面倒をお思いの方も多いと思いますが、ワンストップ特例制度を使えば5分で終わります。

どこの自治体に寄付したいか考える必要もなく、返礼品で寄付先を検索できます。

オススメは楽天市場でふるさと納税するパターンです。

楽天市場で「ふるさと納税」と検索してください。

まるで売り物かのように各自治体の返礼品が検索結果に表示されます。

あとはいつもの買い物と同じようにカートに入れて注文するだけでふるさと納税完了です。

もはやこれで納税できると思うと不思議な感覚がします!

あとは返礼品と共に書類が届くので、1枚の書類に氏名や住所など記入して返送すれば完了。

ここまででトータルの作業時間は5分かからないと思います。

スポンサーリンク

稼げるふるさと納税のポイント

稼げるふるさと納税とはどういう事か解説します。

ふるさと納税で多くの人がやりがちなのが、普段自分では買わないような返礼品を選ぶことです。

魅力的な返礼品につられて、「自分でお金を出してまでは買わないけどタダでもらえるなら」と高級フルーツや高級ステーキなどの贅沢品を選んでしまいがち。

これは完全に消費脳に陥っています。この方法では、あなたの資産は増えません。ただ贅沢しただけです。

資産の増減に着目すると、支出を抑えるというのは、稼いだのと同じことです。

つまり支出を抑える為にふるさと納税を利用すればよいのです。

仮にふるさと納税しなくても、普段の生活で必要なものを返礼品の中から選べばOKです。

お米とか必ず自分のお金で買ってますよね?

返礼品で生活必需品を買えば、その分自分で買う必要がなくなります。

つまり支出が減って資産が増えます!

スポンサーリンク

まとめ

ふるさと納税は、人口が減って税収が少ない自分のふるさとや応援したい自治体に納税できるようにする事が本来の目的です。

しかし実態は、税金が欲しい各自治体が競い合うように返礼品を豪華にして、寄付金を集めています。

本来のふるさと納税の趣旨から脱線しつつありますね。

このあたりも問題視され始め、とうとう2019年度は返礼品の還元率を30%に抑える税法改正が6月に実施されました。

しかし、年末までは間に合うので、あなたもふるさと納税を利用して節約し、少しでも資産を増やしましょう。

節約・保険・税金
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ