メリットなしの外貨預金!高金利に騙されるな!為替はFXで!

投資

金融機関の窓口などで外貨預金をすすめられた事ありませんか?

私は個人的に楽天の銀行口座や証券口座を利用してますが、すると楽天から頻繁に外貨預金の広告メールが届くんですね。

「今申し込むとキャンペーンで特別金利が付く!」と謳っているので見てみると、

米ドルでは年利10%!

豪ドルは年利18%!

南アフリカランドなんて驚愕の年利65%!

とんでもない利回りです!

これだけ金利がつくのであれば、少々為替リスクなんかがあったとしても、確実に儲かりそうだと思いませんか?

しかし、これは罠です。

外貨預金で儲かるのは金融機関なんです。

今日は外貨預金のメリットデメリットや金融機関の儲けのカラクリを解説していきます。

しっかり理解して、金融機関の養分にならないようにしましょう!

★この記事でわかること
☑外貨預金って実際儲かるの?
☑外貨預金をオススメしない理由
☑どうしても外貨を買うならFX
スポンサーリンク

外貨預金の金利

みなさんお金を貯める時ってどこに貯めてますか?

一般的に普通預金口座に貯めていくか、定期預金などで毎月一定額を貯めますよね。

日本に住んでいると、普通は円しか使用しないので、わざわざ外貨に変えて貯める必要なんてありませんよね。

あるとしても旅行に行く時くらいでしょうか。

しかし外貨預金をする人がそこそこいるのは、日本円と違ってそれなりの「利息」が付くからなんです。

日本ではメガバンクの銀行預金につく利息金利は0.001%とか。

とても高金利なインターネットバンクでも0.1%程度。

100万円を1年預けてやっと1,000円の利息です。

いっぽうその頃。

外国通貨の金利はどうなっているのでしょうか。

・米ドル 3年定期預金で2.0%
・豪ドル 1年定期預金で1.6%
・メキシコペソ 3ヶ月定期で4.6%
・南アフリカランド 6か月定期で6.0%
・トルコリラ 14.0%

上記の様に普通の銀行預金でも、そこそこ利息が付くんですね!

日本では考えられないかもしれませんが、国際的には逆に日本が異常な低金利なんです。。。。

為替変動リスクはありますが、外貨はそこそこの金利で利息が付くので、日本の銀行で貯金するくらいなら、外貨で貯金をしたくなるのもわかりますよね!

しかも、貯金した時よりも円安になっていれば、キャピタルゲインも得られます。

毎月積立購入する事も可能なので貯金する為に利用もしやすくなってますね!

しかし、くれぐれも外貨預金に近寄ってはいけませんよ!

スポンサーリンク

外貨預金に手を出してはいけない理由

外貨預金に手を出してはいけない理由は、金融機関の高額な手数料があるからです。

ダイレクトメールや広告に力を入れて、積極的に外貨預金商品をオススメするのは金融機関が儲かるからなんですね。

その儲けの源泉はあなたが払う手数料です。

実際にどれくらい手数料が掛かるのか見ていきましょう。

1番金利が高い「南アフリカランド」で見ていきます。

楽天銀行の外貨預金金利は実は預入期間によって金利が変動するんですよね。

キャンペーン広告には南アフリカランドで「金利65%」と強調表示されていましたが、よく見ると預入期間が7日の場合に限定されています。

つまり年率65%の高金利でも7日しか預けられないので、7日÷365日分の金利しかもらえません。

それでも、たった7日で約1.24%の利息をもらう事ができます。

おおぅ!まだなんか儲かりそう!

日本のメガバンクの預金金利は1年間で0.001%なので、まさに桁違いの高金利ですね!

100万円を7日間預ければ12,400円(税抜前)の利息を受け取る事ができます。

次に手数料を見ていきます。

手数料は1南アフリカランドあたり、片道が30銭の設定になっています。

0.3円ですね。最終的に円に戻すので往復では0.6円の手数料が掛かります。

今日現在は1南アフリカランドが 7.83 円です。これに100万円を外貨預金すると127,713南アフリカランドになります。

手数料は往復で0.6円×127,713南アフリカランドなので76,627円です。

おいおい!ちょっと待てよ!

待て待て待て!

7日で利息12,400円もらえたとしても、76,627円も手数料払うという恐ろしい結末になります。

買った瞬間に6%のマイナススタート。

いきなり詐欺レベルの含み損が確定!

為替レートが7日間で6%以上、円安になってやっとトントンです。

たった7日間では、そこまで為替レートは変わらないでしょう。

むしろ円高になれば傷口はさらに広がります。

儲けたい金融機関は巧みな広告戦略を駆使して、一般人に儲かりそうと錯覚させます。

そして、あまり考えて計算しない人に売りつける作戦です。

スポンサーリンク

為替の性質上、長期保有しても株式のように上がり続ける事はない

そもそも為替とは、各国の信用力や経済力などで通貨間の価値が相対的に日々変動しています。

株式であれば、企業が経済活動を行って、利益を出そうと必死に努力します。

努力の結果、利益が出れば株価の上昇か配当という形で株主に還元されます。

なので、経済活動によって世の中に価値を生む企業の株式は長期で保有する事に大きな意味があるのです。

解説はこちらの記事をどうぞ
》長期投資のメリットは?実は上がり続ける株式の価値

しかし、為替というのは国力のバランスや投資家の需要と供給によって価格が揺れているだけです。

世界経済がそれなりに安定していれば、どちらか一方に永遠に上がり続けたり、下がり続けたりする物ではありません。

為替に投資するというのは、

伸るか反るか!

半か長か!

に金を賭けるようなもんですね。

スポンサーリンク

まとめ

銀行の窓口などで外貨預金をすすめられても絶対に近づいてはいけません!

金融機関は手数料が欲しいだけです!

どうしても外貨を持ちたい人はFX口座を開設して外貨を買うのがオススメです。

米ドルであれば、1ドルあたり0.3銭程度の手数料(スプレッド)で購入できます。

それに比べて、外貨預金では1ドルあたり25銭の手数料なので、約83倍。

また、FXでもスワップポイントと呼ばれる形で、外貨金利に応じた利息が毎日貰えます。

日本円だけで資産を持つのが不安な方や世界の通貨に資産を分散させたい方は外貨預金ではなく、FX口座を利用するのが圧倒的に得です!

FX口座作るなら、スマホ用の取引ツールも使いやすく、手数料国内最安のDMMFXがオススメです。

DMM FX

投資
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ