ESG投資とは?日本でも注目され始めた理由と投資するメリットを解説

投資

ここ数年、ESG投資が世界から注目されています。

あまり聞き慣れない言葉に、「いったいどんな投資スキームなの?」と疑問に思われている方もいらっしゃいますよね?

実はESG投資という確立された投資手法が存在するわけではありません。

評価方法も複数あって、少し理解しにくいものです。

しかし今後、個人投資家が長期的な資産形成を行う為にも、ESG投資の考え方は避けて通れないでしょう。

マネ夫
マネ夫

これからの時代、重要視されるESG投資の現状や、考え方について解説するよ!

☑ESG投資とは
☑ESG投資が注目される理由
☑ESG投資の具体例
スポンサーリンク

ESG投資とは

デロイトトーマツHPより引用
デロイトトーマツHPより引用

ESGとは、Enviroment(環境)、Sosial(社会)、Governance(企業統治)の頭文字を取った物です。

ESG投資とは、企業の経営における、この3つの要素を重要視して投資する事を指します。

Enviroment(環境)とは、例えば気候変動や水不足などへのリスク対応、エネルギー効率、大気汚染、廃棄物処理といった環境課題をクリアしているか?という観点です。

Sosial(社会)はその企業が社会貢献できているかどうかという観点です。

例えば、労働者の人権配慮や安全衛生、労働環境の整備などですね。

そして、Governance(企業統治)とは企業風土の腐敗防止や労働者の報酬、一部ではサイバーセキュリティへの対応などの企業統治に関する観点が含まれます。

これまでは、企業へ投資する条件として、財務基盤や収益性、利益の成長性などがもっとも重要視されてきました。

しかし、最近の機関投資家などの間では、ESGの要素を満たすかどうかが投資先判断のひとつの基準になってきています。

今後は、ESGを軽視する企業は長期的な成長性においてリスクが高いと評価され、投資対象から外されやすくなってきています。

既に欧州などではこのような考え方が強く浸透してきており、ESGの基準が低い企業へは投資されにくくなってきてます。

スポンサーリンク

ESG投資が注目される理由

日本でもESG投資が注目されだしたきっかけのひとつに、2015年に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が責任投資原則(PRI)に署名した事が上げられます。

ちなみにGPIFは厚生労働大臣から年金積立金の管理を請け負い、日本人の年金資産を国の代わりに資産運用している団体ですね。

そして、PRIとは責任投資原則(Principles for Responsible Investment)の事で、国際連合が2005年に提唱し、機関投資家等が投資ポートフォリオの基本課題に関する取り組みについて署名した一連の投資原則の事です。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がPRIに署名し、国内株式を対象にESG(環境・社会・企業統治)を測る指数を公募するなどの一連の動きから、日本でのESG投資への関心も高まってきています。

実際にESGを重視している企業で組んだポートフォリオは市場平均を上回っています。

上記は米国企業でESGスコアが高い企業で組んだポートフォリオと米国の市場平均とも言えるS&P500との比較。

上記は、国内でESGスコア高い企業で組んだポートフォリオとTOPIXの比較です。

このように株価のパフォーマンスにも、実際に差が付き始めています。

スポンサーリンク

ESG投資の具体例

現状では、企業のESGを測定する方法は厳密に標準化されておらず、さまざまな機関が独自の尺度で評価しているところです。

どのような指標を用いて、どう評価するのかは世界的にも模索中といったところでしょう。

また、ESG評価に必要な尺度を決めた所で、測定する方法論も確立されていませんし、企業が開示する義務もないのでESGを評価する方法の整備もこれからです。

しかし、独自のESG基準に満たない企業は投資対象から除外されはじめています。

例えば、兵器製造、原子力、化石燃料、ギャンブル、動物実験など、環境に良い影響を与えない企業は除外され始めています。

逆に、環境に配慮した再生可能エネルギーなど事業の永続性(サスティナビリティ)を重視する企業には積極的に投資を行う傾向が出てきています。

スポンサーリンク

まとめ

最近の金融市場は「投資」よりも短期的な収益化を目指す「投機」の割合が多くなっています。

さらに、ひと昔前の産業時代も終端を迎え、情報化時代の現代では、単純に資本がたくさんあるからといって収益を上げられるわけではなくなってきています。

資本の量よりもアイデアや情報が価値を生むようになってきていますよね。

そんな中で、持続可能な開発目標(SDGs)なども一つの価値として評価されはじめています。

10年以上の長期目線で投資するのであれば、個人投資家もESGを評価した上で投資を考えていくべきでしょう。

機関投資家が買わない銘柄は株価も上昇しにくいですからね。

世の中の流れに逆らうと、長期的な投資では勝てません。

投資
GMOクリック証券

GMOクリック証券は無料で提供されるツールやWebページがとにかく優秀。テクニカル分析はもちろん、面倒だったファンダメンタル分析まで、簡単にできてしまいます!株価分析、財務分析、経営分析、利益率や成長性のシュミレーションまでグラフで表示する機能なども備え、とにかく楽です。他の証券会社にはないニュースやアナリストレポート、四季報の情報も充実しており全て無料。とりあえず口座開設しておく事をオススメします。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券

少額から株式投資を始めるならSBIネオモバイル証券がオススメ。1株単位で株が買えるので、少ない資金でも分散投資が可能。月50万円までの取引なら手数料は定額の216円/月(税込)!さらにTポイントが毎月200pt還元されるので実質コストは16円/月だけ!還元されたTポイントは再投資OK!初心者だけでなく、国内株でオリジナルのポートフォリオ作りたい上級者にもオススメです。自分でポートフォリオ作れば投資信託より遥かに安いコストで済みます。デイトレには向いてません。

楽天証券
楽天証券

株や投資信託へ投資するなら楽天証券!とりあえず開設しておきたい定番の証券口座です!PCで使える高機能な「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツールでいつでもどこでも取引可能!資産運用しながら楽天スーパーポイントもザクザク貯まります!

金持田マネ夫ブログ